上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死神の精度
死神の精度
posted with amazlet on 07.12.27
伊坂 幸太郎
文藝春秋 (2005/06/28)
売り上げランキング: 724


ああもう。
これも来夏に映画化だそうだけど。

そして、この作品に、なんのケチをつけるつもりもないのだけれど。
(っつか、大好き。すごい好き。めちゃくちゃ好き。)

伊坂作品、映画化されすぎ。
そりゃ、井坂氏にギャラは入るだろうし、宣伝効果もあるだろうし、
それによって読者が増える、というのは、大切なことなのだろうけれど。

伊坂作品に限らず、
小説(やコミックス)を原作としたテレビや映画界の安易な映像化には
正直言ってうんざり。
作ってるほうは「安易」とは言わないのかもしれないけれど、
だったら、骨格(物語)から自前で作れよ!
作家の力量や物語の魅力に頼らずに!
とか思っちゃうわけでございます。

小説は小説で、
完結して欲しいよなぁ、と思うのは、私の勝手なエゴなのですが。

映像化しないと楽しめない、っつーのは、
ちょっと、脳味噌足りなくないですか?
とか思っちゃうのよ、正直言って。

そりゃ、映像ではなくては堪能できない良さもあるのだと思うし、
映画は映画で、ウェルメイドなものは(打算なく。バランスよく。
もしくは破綻していても魅力があるものは)好きなんだけどさー。

なんか「原作伊坂で、キャストはこの役者で、ほりゃ、そーすりゃ、
お客さんたくさん来て採算取れるでしょー」みたいなことだとすれば
作品にも、お客にも失礼な気がするんだよなぁ。

お客の動員数、もしくは視聴率によって評価されるショービズ界では
なにより、それが重視されるのもわかるし、
作ってるほうは、少ない予算、限られた時間で「当たる」ものを
作らなきゃならないわけだし!大変なのもわからないではないけれど。

そんなわけで、
映画化、するならするで、是非とも良質なものにして欲しいと願うわけです。
なにより、原作が素晴らしく良いのだから。
スポンサーサイト

蛇行する川のほとり (中公文庫 お 70-1)
恩田 陸
中央公論新社 (2007/06/25)
売り上げランキング: 47329


いいですなぁ。
綺麗な女の子たちと、素敵な男の子たちが、
ミステリアスに交錯する物語。
絵がものすごく綺麗な漫画家さんに漫画化して欲しいような…

恩田陸は「理瀬シリーズ」も好きだけど、
この作品も幻想的で美しくて儚くてうっとり。

カメラプラス―トイカメラ風味の写真が簡単に
上原 ゼンジ
雷鳥社 (2007/07)
売り上げランキング: 67924


チープで楽しくカメラと関わりたい方におすすめ!な
愉快なヒントやアイディア溢れるカメラ本。

レンズベビー風に撮れるレンズを自分で作っちゃおう!とか、
クロスフィルターみたいに撮れるフィルターを、自分で作っちゃおう!とか。

もちろん、自作だし、精度は高いとはいえないことも。
けど、こういうのって、作ってる時からわくわくして楽しいものだから、
「高くて凄いの買った!」といのとは、全く別のベクトルで意味あることだと思うのデス。

黒執事 3 (Gファンタジーコミックス)
枢 やな
スクウェア・エニックス (2007/12/18)


黒執事、3巻出ましたね♪
なんてったって、絵とか構図が綺麗だし、ストーリィもグッド。

絵的には私の愛する「九条キヨ」氏っぽいフレーバーも入ってたりして。
あと、ゴッド・チャイルドの頃の由貴香織里さんっぽい雰囲気も。
なんてったって、舞台倫敦で、貴族のお坊ちゃまと執事のお話だし。

隻眼のお坊ちゃまシエルと、執事のセバスチャン、
どっちも、やや腹黒目のキャラクターでうっとり(笑)

この先、物語がどう進んでいくのか楽しみなのです。

Q&A
Q&A
posted with amazlet on 07.12.24
恩田 陸
幻冬舎 (2007/04)
売り上げランキング: 60315


恩田陸「Q&A」読みました。
mixiの恩田コミュなんかでは、とーっても評価の低い…というか
「読んでいてなじめなかった」「途中でギブアップしてしまった」
などと「ハズレ」的な印象の少なくない作品ですが、
本というのは、
作家と自分の一対一の勝負だ!、と私は日頃考えているので
とりあえず、読んでみました。

うん。
確かに、読後感が爽やかなわけではない。
中途半端な終わり方、とも言える(まぁ、恩田作品ではよくあるけど。)
でも。
でもでもでも。
魅力に溢れた作品だと、私は思いました。

ストーリーの構築云々も相変らずたいしたものだと思うけど、
この「不安感」「なんだか気持ちが悪い感」というのを
活字でここまで読者に(少なくとも私に)呼び起こさせる力量って
すごい、と思う。

あと、登場人物たちが語る「現代社会の側面」に対する意見が
どれも適確だったり、痛かったり、苦かったりするけれど、
その分析力はスゴイ、と思った。リアリティ、ある。

そんなわけで、読んでよかったし、多分、また読み返しちゃうくらい
ひきつけられる作品でした。

余談として。
私はこの本、図書館で借りたので、
いくつかのページに、前にかりた誰かが、チョコレートをこぼしたあと、
チョコレートを持った手でページをひらいたあと(それが指紋として残っている)
があって、それが異様に怖かった…(笑)

一緒に「蛇行する川のほとり」も借りてきたので、これから読みます。
今週は恩田ウィークだ!^^

いしいしんじのキューバ日記
いしいしんじ
マガジンハウス (2006/12/21)
売り上げランキング: 130908


いしいしんじの、とタイトルについていますが、
それで、いつもの彼の、ハートウォーミング、というか、
独特の温かい空気をまとった静かで美しい物語を期待してはいけません(笑)。

なんといっても、キューバの旅行記だし!
いしいさんも、「素のいしいさん」という感じでカジュアルで波乱万丈で
でもどこかのほほんとした語り口で書き進めています。

うーん、それにしても、いいなぁ、南米。
いいなぁ、キューバ。
先日のメキシコに続き、なんだか、南米ラヴ!な今日この頃でっす。

北欧の切り紙―デンマークのかわいいモビール
Jens Funder Nielsen Tomoko Tajiri
池田書店 (2007/11)
売り上げランキング: 1172


本屋さんで見かけたんだけど、ヒトメボレ!
特に、この、表紙にも掲載されている「林檎の木」のモビール、素敵すぎ!
おまけにこの本は、実際の型紙っていうか、図案を書いた色紙が
後半部分にくっついているので、この本があればすぐにこのかわいい切り絵が
作れちゃう、というスグレモノ。

北欧のデザインっていいですなぁ。

手づくりする手紙
手づくりする手紙
posted with amazlet on 07.12.08
木下 綾乃
文化出版局 (2007/03)
売り上げランキング: 129608


自分で作る封筒とか。
手紙を送るさいのちょっとしたアイディアとか。
素敵な情報満載の一冊。

メール全盛期のこの時代でも、
手紙というのは、
やっぱりもらうと嬉しいもの。

ということは、
まずは自分で出さなくちゃね、と、思いました。

ポストオフィスマニア (MouRa)
森井 ユカ
講談社 (2006/11/16)
売り上げランキング: 76711


図書館で借りてきました。
しかし、これは買ってしまうかも…というくらい好きかも。

世界の郵政事情はすごいですな。
というか、
まぁ、ようするに、
北欧とか英国とか仏蘭西とかそのへんの
切手とか封筒とか郵便配達車とかロゴとか
そいういうのが素晴らしすぎて…目眩。

民営化された郵便事業㈱はじめ、郵便局㈱、日本郵政㈱、
㈱ゆうちょ銀行、㈱かんぽ生命保険サマ、どうかひとつ!
世界に誇る、ハイクオリティなデザインをプリーズ!(笑)

a white album(初回盤)
a white album(初回盤)
posted with amazlet on 07.12.07
akiko The Ska Flames
UNIVERSAL CLASSICS(P)(M) (2007/11/07)
売り上げランキング: 285


なんといっても、小西康晴プロデュースだ。
これでハズレなわけがない。
でも、ちゃんと、HMVで視聴しました。
んで。
ちゃんと買いました(笑)

ジャケットもかわいいクリスマスアルバム。
中身はホットでラヴリーでゴージャスでチャーミング。
今年のクリスマスのおともに、是非。

絵描きの植田さん (新潮文庫 い 76-6)
いしい しんじ 植田 真
新潮社 (2007/11)
売り上げランキング: 2589


素晴らしい!
素晴らしい!
素晴らしい!
素晴らしい!
素晴らしい!

いしいしんじさんの書く世界というのは、
どうしてこうも…素晴らしいのだろう。

私もカタチは違うけど、
こんなふうに
人の心の中にひっそりと灯る光のような
作品を作ってみたい、と思う。

文庫だし
このクリスマスに誰かにプレゼントしてみてはいかがでしょう?

そうそう、
いしいしんじさんの作品と言えば、
「雪屋のロッスさん」もおすすめ。
こちらは短編集。
冒頭の作品から、心をぐっ、と捉えられてしまいます。
雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)
いしい しんじ
メディアファクトリー (2006/02)
売り上げランキング: 49628


ナチョ・リブレ 覆面の神様 スペシャル・コレクターズ・エディション
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2007/11/22)
売り上げランキング: 3354


昨年、海外出張中の相棒が「飛行機の中ですごくいい映画を観た!
いい映画っていうか、君が好きそうだ!」と猛烈お薦めしてくれた
「ナチョ・リブレ」のDVDのお値段が劇的に下がったので、
よし!とばかりに、入手、さっそくDVDスイッチオン!

うを!
まさに、私のツボをぐぐぐぐぐーっ!と押してくれる名作!
笑える!泣ける!身につまされる!勇気が出てくる!

ナチョ最高!
ルチャ・リブレ(メキシコのプロレスね)最高!
メキシコ最高!

私はこの映画を観て、メキシコに行くことを決めましたよ!
(絶対行く!前からちょっとだけ行きたかったんだけど
この映画観て私はメキシコに行くべきだ!と思ったね!)

そして、痛そうで怖そうで、あまりコミットしてなかった
「プロレス」も、この映画でイッキにヒートアップ!
プロレスっていうか…日本のじゃなくて、あくまでメキシコの
ルチャ・リブレについて、だけど。

相棒よ、君はなんと私の趣味を理解していてくれることか!
良い映画を紹介してくれてありがとう!と、この場で礼を述べておくぞ!(笑)

あ、あと関連書籍として、これをおすすめ。
「ナチョ・リブレ」とは直接関係ないけど、
この本でいかにメキシコが魅力的か、きっとわかってもらえる筈!
メキシコのかわいいデザインたち―陽気な風土が作り出すポップな日用品
TEQUILA SISTERS
ピエ・ブックス (2007/07)
売り上げランキング: 166616



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 scrap, e.t.c., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。