上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pen (ペン) 2008年 4/1号 [雑誌]

阪急コミュニケーションズ (2008/03/15)


最近じゃ、アート寄りのcasa brutusよりも、
Penの住宅特集のほうが断然面白いと思う。

ここに特集されているのは「カッコいいでしょ?ステキでしょ?」というだけのおうちではなく、
住む人たちそれぞれの、ニーズや暮らしや世界観がきちんと反映されている住宅ばかりで
いいなぁ、と思います。

少し長いけど96ページから引用。

建築家の原田真宏さんは、従来、イメージされたような、いわゆる「家型」の家は、
日本の都市ではもう成立しないのではないか、と問いかける。
「都市のなかで、ある家型をポコンと作る不健全さが、顕在化しているのではないでしょうか。」

しかし現実には、典型的な家型を求める層は厳然と存在する。
例えば経済的にも安定する30代半ばで「一戸建てでも買おうか」となれば
住宅イコール家型、という図式で考えがちだ。
「社会で認められる記号になりうる家型を欲しがる人も多いですが、
それを都市に作ること自体に、歪みが生じている気がします」と原田さん。

以上、引用。

私は、これは都市部に限ったことではない、と思う。
たとえば、結婚とか、車とか、家とか、最悪の場合、子供とかを、
一人前になった「記号」として、そして世間に恥ずかしくない「便宜」として
持とう、持ちたい、という人も、日本という国にはけっこうたくさんいるんじゃ
ないかと思うし、そういうふうにして手にしたモノたちと、本人との関係は
決して、幸福でも、健全でもない、と思うからだ。

歪み、というのは、どこの国にも固有の歪みがあるのだろうし、
個人にしても、歪みのない人など、どこにもいない、とは思う。

けれども、やっぱり、伴侶も子供も家も車も、
社会に対するプレゼン用の小道具として揃えるよりは、
「自分にとってほんとに安らげる、一緒にいるだけで幸福な存在」
つまり、他の誰かから賞賛を得ることで満足感が得られる、とか、
金額に置き換えると高額であるからすばらしい、とか、
リセールバリューが高いから安心、とかいう屁理屈抜きで
「好き」というストレートな気分で関わりあえるほうが、いいに決まっているのだ。

お墓の中にまで、家は持っていけない。
それは車も人も同様だけれど。
だから結局、そこで過ごしている時間がどれほど快適か、
どれほど慈しめる時間であるのか、
そういう部分で関わっていくようにしないと、
結局のところ、不幸で大損で情けない結果に終わることになるんじゃないのかな、と思うのです。

そんなわけで、この特集は、眺めているだけでもなんだかいい気分だし、
「ステロタイプな家型」を捨てたひとたちの、
工夫や理想や知恵や葛藤やひらめきがあちこちに散らばっていて、
とても素敵だと思いました。
スポンサーサイト

インディゴの夜 (創元推理文庫 M か 5-1)
加藤 実秋
東京創元社 (2008/03/11)
売り上げランキング: 106377


表紙のイラストに惹かれて衝動買いしたけれど、
読んでみたら、想像以上に楽しいミステリだった。
楽しいミステリ、という表現もどうかと思うが(笑)。

渋谷を舞台にした連作短編ミステリ。軽め。
登場人物たちもイマドキで愉快でそれぞれの個性もカラフルで。

そんなわけで、おすすめですよ、これは。

高く遠く空へ歌ううた (講談社文庫 し 80-2)
小路 幸也
講談社 (2008/02/15)
売り上げランキング: 115561


空港で人を待つために、適当に本屋で物色したこの作品。
こんな作家がいたなんて、それすらも知らなかった。

読み終わって、解説を読んだら、
これはどうやらシリーズ二作目らしく、これより前に
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」という作品があるらしいです。

まぁ、でも、単体で読んでも面白かったです。

正直、最初は人の思考をそのままなぞるような文体になじめず、
読みづらかったのですが、読み進むうちに慣れてきたし、
ストーリーはちょっと不思議で悲しくて暖かい感じで、好きになりました。


空を見上げる古い歌を口ずさむ (講談社文庫 (し80-1))
小路 幸也
講談社 (2007/05/15)
売り上げランキング: 51956





デザインパーツブック ロマンティック
MdN Design
エムディエヌコーポレーション (2007/04/14)
売り上げランキング: 2582


グラフィック素材集 ユーロカルチャー&アンティーク
オイルショックデザインズ
MdN (2007/11/27)
売り上げランキング: 2901


なんかこう、
仕事が忙しかったりして、
それなりにストレスフルな一日を過ごしたりしたあとに、
お店に立ち寄ったりすると、
「自分へのご褒美モード」に入っちゃう時ってないですか?(笑)

わたくし、本日が、そうでございましたの。

そんなわけで、有楽町ビックカメラにて、本を2冊もお買い上げ。
実際、そのまま使う、というよりは(使ってもいいんだけど)
ネタ帳というか、パラパラめくってインスピレーションを呼ぶための本、
って用途になりそうだけれど、どっちの本も、私がスキスキな図案がたくさん!

シャンデリアとか、鍵とか、紋章とか、王冠とか。
蝶とか羽根とか、見てるだけでうっとり、なのだ。

手づくり文房具―自分スタイルにあわせるオリジナル・ステーショナリー
宇田川 一美
池田書店 (2008/03)
売り上げランキング: 44150


参考書!
これは、私にとってはものすごく有意義な参考書だわ!
と思って、本屋で見つけて即買いでした。

紙モノの雑貨の作り方のコツみたいなのが書いてあるんだけれど、
あれこれ、応用できそうな、ナイスなアイディアがどっさりつまってます。
よし!がんばるぞー!

クライ・ムキの子供のパーカ&コート―Basic style (別冊家庭画報)
クライ・ムキ
世界文化社 (2005/10)
売り上げランキング: 16900


トラッドで上品な、小さい人向けのパーカとコートがたくさん。
大人の私でも着たいくらいです。

最近はこの「大人の私でも着たいくらいです」の子供服の本がたくさんあって、
なんだかジェラシー(笑)

大人向けのソーイングの本ってなかなか「これ」と言ったものがなくて
(簡単すぎたり、ガーリーすぎたり、で、どうも私とニーズがあわない)
本屋さんでも、あまり、何冊も何種類も置いてなかったりするのに、
最近、子供服のソーイングの本といったら、恐ろしいほど増えていますね。

自分のためには作らなくても、
子供のためには作るってことかしら?

まぁ、きっかけが子供服でも、それでソーイング人口が増えたらいいのかもな。

子どもだってきちんとした服―ニューヨークの子ども服 3歳から8歳まで
尾方 裕司
文化出版局 (2006/11)
売り上げランキング: 40555


歩きはじめた子どものために―女の子にも男の子にも着てほしい
神山 二美
文化出版局 (2008/03)
売り上げランキング: 2599



FOOD?―何でできてる?uiの楽しい食卓
中林 うい
文化出版局 (2008/03)
売り上げランキング: 169169


小さめの本。
本屋さんでぱらぱらっと見て、とても楽しそうだったのでここに紹介。

鞄作家の中林ういさんは、それだけじゃなくて、ペーパークラフトもとても素敵。
今回は、紙モノ、布モノ、クッキングや木工、いろいろ取り混ぜての作品集。
作り方も載っているので自分で作ってみるのも面白そうです。

ブルータワー (徳間文庫 い 43-4)
石田 衣良
徳間書店 (2008/03/07)
売り上げランキング: 1296


初・石田 衣良。
表紙のイラストと、分厚さが気に入って買いました。

実は、ハードカバーで出た時も気になってたんだけど、
なんとなく、読まずにそのままになっていたのが
文庫落ちしたので、じゃあ、買っちゃおうかな、と。

「平凡な一人の男が、天を衝く塔を崩壊から救う。
高さ2キロメートルの塔が幾多の危機を越え、
雲を分け聳え続けるのだ。
世界を救うのは、夢みる力!魂の冒険と愛の発見の物語。
石田衣良の新たな挑戦―心ゆすぶられるヒューマン・ファンタジー」

っていうのが、amazonでの説明文です。

いい!
あっというまに読んじゃった。
ジャンルはSF、かな?
ウィルスとか、やや理系な知識も入ってくるけれど、読みやすいし、
読後もいい感じ。
前向きな気分になれる…だけじゃなくて、世界情勢について
いろいろ考えてみたり、とかね。

まぁ、村上伊坂恩田的な緻密で美しい世界観を味わう…まではいかないけれど
それはそれ。勢いがあって、面白かったな。

BEAST of EAST 3 (3) (バーズコミックスデラックス)
山田 章博
幻冬舎コミックス (2007/03/24)


十二国記の挿絵を描いている山田章博さんのコミックス。
うはー!目眩がするほど豪華絢爛!かっこええ!綺麗!

  「山田章博を読むことは、美を追体験することに限りなく等しい。
  それは、絵とか文とかあるいは漫画とか、そんな問題ではない」
  ↑森博嗣 帯の推薦文より

和風ファンタジー、になるのかな?
登場人物は、陰陽師で有名な安倍晴明とか、平将門とか、
実在する人物もたくさん出てくるけど、史実に忠実、ってよりは、
やっぱり「剣と魔法」的な世界寄りのお話になってます。
魑魅魍魎もたくさん出てくるし。

只今3巻まで出てますが、まだまだ続きそう。
これからどんな展開になるのか、楽しみ!
唯一の問題は刊行ペースがものすごくスローなこと。
でも、私は待つぜ!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 scrap, e.t.c., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。