上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Gガール 破壊的な彼女」
これは原題の「My Super Ex Girlfreind」のほうがずっと好き。
あと、実は、これは試写会でもう観てしまった。
「ジェット・セット・ムービー」というジャンルがあるとしたら
これかな?って思う。
つまり、DVDを買って、何度も何度も観かえす、というほどじゃないけれど
退屈している飛行機の中で見たら「すんごい面白いかも!」と
思っちゃうような、ややB級、ちょっと下品(笑)、でもクスリと
笑っちゃう箇所満載、みたいな。
ユマ・サーマン、スタイルよすぎ!かわいすぎ!キレすぎ!(笑)


「ナイトミュージアム」
で、そのGガールの試写会の時にくっついていた予告編が、この
ナイトミュージアム。
実は、今まで活字媒体や友達のブログなどで知ってはいたんだけれど
「どーせ子供だましでしょ?」みたいな感じで、あんまり気にして
なかったんだけど。
これが!予告編だけ観る限りではすごく面白かった!
(↑予告編とは、このようなもので、実際観て面白いかどうか、
っていうのは、また別のお話なんだけれども。)
だいたいベン・ステイラーが出てるっていうのがねぇ。
私の愛する超B級映画「ドッジボール」で、思い切り悪い(そして面白すぎる)
役をやっていたけど、今回は案外普通っぽい役なのかなぁ。
いや、ベン・ステイラーだもの。普通ってことはないな、きっと(笑)


「幸せのちから」
こちらは、ウィル・スミスだ!
「全財産1ドルから立ち上がった父子の実話に基づいた感動作」
だそうですよ!
全財産1ドルって!実話って!
なんか、このキャッチだけで、生きる力が湧いてきます(笑)

「不都合な真実」
これも原題のほうが好きなのだが・・・(An Inconvenient Truth)

とりあえず、21世紀を生きて、じゃんじゃん地球を駄目にしている
我々はこれを見るべきなんじゃないのかなぁ、と。
観たあとで、あれこれ言うのは勝手だけど、観ないで生き続けていいのか?
という気がします。・・・となぜか、最後はシリアス(笑)。
スポンサーサイト




私、映画を観に行くでしょう。そして予告編を観るでしょう。面白いものがたくさん出てくるでしょう。覚えておこう、覚えておこう、と思うでしょう。映画を観るでしょう。



忘れるんですよ。

こんなにしっかり覚えていられるvalさんが羨ましい。(笑)
【2007/02/09 00:43】 URL | そら #SFo5/nok[ 編集]
そらさん>
ふふふ、覚えていられる時と覚えてられない時があるのだけれど、
今回の「ナイトミュージアム」に関しては、そらさんから聞いていた
話のおかげで、覚えやすかった、というのはあるかも(^^)

本編が面白ければ面白いほど、その前に流れた別の映画の
予告編のことは忘れてしまうものなのかもしれないねぇ。
【2007/02/09 19:13】 URL | val #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 scrap, e.t.c., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。