上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹 イエローページ〈1〉 (幻冬舎文庫)
加藤 典洋
幻冬舎 (2006/08)
売り上げランキング: 18634


村上春樹の小説を読むのは好きですが、
村上春樹について書かれた評論はあまり読みません。

が。

図書館で手に取ってパラパラと読んでみたら
案外面白かったので、借りてきました「村上春樹 イエローページ」

これはですね。
評論、とか、分析、というより、
「こういう読み方もできるよ」とか「この明らかにされなかった謎は
ひょっとしてこういうふうにも読めるよね」的な、提案集みたいな
内容なので、読んでいくうちに「なるほど!」と思ったり、
「こーいう読み方もあるのね…」とか納得したり、で、
村上春樹の長編の作品をほとんど全部読んでる人なら、
サブテキストとして読んでみてもいいんじゃないか、と。

文庫本で上下巻。
ひととおり読んだあと、また、「風の歌を聴け」から全部
読みかえしてみたくなりました^^
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 scrap, e.t.c., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。