上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽気なギャングが地球を回す
伊坂 幸太郎
祥伝社 (2006/02)


↑先週末の京都行きの電車の中で読んでいたのはこれ。

そして、あまりに面白くて、
京都のジュンク堂で続編↓を買って東京に戻る電車の中でイッキ読み。


陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎
祥伝社 (2006/05)


面白すぎ!

最近、伊坂氏の作品を「猛烈に喉が乾いているときに水をイッキに飲むかのごとく」
むさぼり読んでいるのだけれど、この勢い、この各章につけられた
外国の諺のタイトルの小気味よさ、どれを取っても好き!

そういえば、これ、映画化されてたんだよね。
観てみたいような、観たくないような。
出ている俳優陣はわりと好みなんだけれど。

陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション
ジェネオン エンタテインメント (2006/10/25)




スポンサーサイト




あらあら、何時の間にそんなにはまってしまったのですか。(笑)私も映画見てみたいような見たくないような。「陽気なギャング…」シリーズは痛快で映画に向いてるな、と思いましたが、個人的には「オーデュポン」あたりが好きです。
【2006/09/14 01:02】 URL | そら #-[ 編集]
このシリーズ読みたいと思っているのに図書館では相当な順番待ち。あちこちで「面白かった」という感想を聞いているから、そろそろ待ちきれずに買ってしまいそう・・・
【2006/09/14 15:07】 URL | 蒼 #BWgGc7Fk[ 編集]
そらさん>
そうなの。
あっというまに恋に落ちてしまったのよ!(笑)
「オーデュポン」はまだ読んでないので、
本を読む時間が取れそうなこの週末、読むつもり(^^)
映画・・・観たいような、観たくないような。
別物、と割り切って観ればそれなりに面白くできているのだろうなぁ。

蒼さん>
なんと!蒼さん、このシリーズまだでしたか?
すごく面白かったよー、と、ここでまたそそのかしてみたりして(笑)。
気楽なエンターテイメント、という内容の筈なのに、
含蓄のある表現が多すぎて、私の読んだ本は「犬の耳」だらけです。
(犬の耳、とは、気に入った言葉のあるページのはしを
折ってしまう癖があって、その部分が犬の耳みたいだから。)
【2006/09/14 22:07】 URL | val #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 scrap, e.t.c., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。