上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマル・ロジック
アニマル・ロジック
posted with amazlet on 06.09.16
山田 詠美
新潮社 (1999/10)
売り上げランキング: 242,487


そうか、文庫で出てるんだ。
じゃあ、買ってこようかな。
山田詠美はどれも好きだけど、これは特に好きな作品。
ここ数日、アニマル・ロジックのことが頭から離れないので、
そろそろ読み返し時かな、と。


トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars 嘆きの星
吉田 直
角川書店 (2001/02)
売り上げランキング: 7,709


ラノベ(ライトノベル)は、とかく、軽んじて評価されてる気がするのだけれど、
私はけっこう好きなんだよなー。
小難しい本だけが本じゃないし、挿絵がついてるのだって、いいじゃんか!
例えば「不思議の国にアリス」だって、挿絵なしと、挿絵ありだったら、
私は挿絵つきのほうが断然好きだもの!
さて、作家自らも血液の病気で逝去、この作品のシリーズも未完のまま終わっている
「トリニティ・ブラッド」、吸血鬼物というくくりでくくってしまうには
あまりにも壮大で美しい物語です。
私の愛する漫画家、九条キヨ版のコミックスもあるので、活字読むのが
面倒な方は、こちらもおすすめ。
トリニティ・ブラッド 1 (1)
吉田 直
角川書店 (2004/03/17)
売り上げランキング: 9,337



シャングリ・ラ
シャングリ・ラ
posted with amazlet on 06.09.16
池上 永一
角川書店 (2005/09/23)
売り上げランキング: 28,676


図書館で借りて、すごいハイペースで読んだから、
できればもう一度、しっかり読み込んでみたくて、
文庫落ちを待ってるんだけど、その前に買っちゃいそうな1冊(笑)。


風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
小野 不由美
講談社 (1993/04)
売り上げランキング: 10,932


そういえば、最近、読み返してないな・・・、と
思い立つと読みたくなるのが、十二国記シリーズ。
はやく続編を出してください、小野主上!(笑)


ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編
村上 春樹
新潮社 (1997/09)
売り上げランキング: 1,622


再読、といえば、最近、最愛の村上春樹氏の作品を、全然読み返して
ないので、がっつり、ねじまき鳥あたりを読み直したいところ。
初期の作品もすごく好きだけど、最近の重層的で哲学的でやや難解で
暴力もセックスもありありの作品、すごく好きなのです。

・・・とまぁ、もう(最低)一度は読んでるんだけど、
読み返してみたいなぁ、と思う本をリストアップしてみました。
秋の夜長に、ソファに寝そべって一杯飲みながら、とか、
布団の中でうつぶせになって、枕を抱えつつ本を読む幸福感って、
ちょっと、ないよね。(・・・と、本好き同志に語りかけてみたりして)(笑)。

私は乱読傾向があるし、読むジャンルも広いけど、
ハッピーエンドにしろ、デッドエンドにしろ、
わかりやすい娯楽小品でも、難解な大作にしろ、
読み終わっても、まだ、自分がその小説の世界にどこか
浸り続けているような、翌日、職場でパソコンを打っていても、
ふと、その小説世界のことを思い出して、
「そういえば、今頃、トリツカレ男は、何にとりつかれているのかしら?」
なんて、真剣に考えてしまうほど、その世界の「影」というか「気配」みたいな
ものが自分の心の中に侵入してくるような作品が好きです。

だから、いい作品を読んだ翌日の職場では、
私は少しだけ、上の空で仕事をしているのです(笑)
スポンサーサイト




こんばんは~。
池永さんは読んだことないので、気になってます。

私も、小説を読むと、けっこうその世界に飛んでってしまう傾向があって、十二国記を読んでた頃は、毎晩麒麟の夢を見てました。日中でも、ぼけーっとすることあるある!あの国では・・・みたいなことを考えたりして。
今はパロとモンゴールかな(笑)。

再読したい作品、私もたくさんある!ねじまき鳥もいいなぁ。
今日はひさびさに「象と耳鳴り」を再読しました。
【2006/09/16 21:39】 URL | miho #mQop/nM.[ 編集]
mihoちゃん>
そう、新刊を読むのもドキドキして楽しいけど、
気に入った作品を再読するのも本当にいいものだよねぇ(うっとり)。

んで、今日、さっそくアニマル・ロジックとシャングリ・ラを買ってきたよ(笑)。
シャングリ・ラ、よかったらお貸ししますわよ。
ま、mihoちゃんは今、豹頭のサーガに没頭中だろうから、
それが一段落したら・・・かな?(笑)

読んでるときはそこそこ感情移入できる作品でも、
読み終わると、きっぱり、現実に切り替わってしまうような
作品もあるし、読み終わっても、ずっとその世界をひきずるような
小説もあるし・・・。
本ってほんとに面白いよね。
【2006/09/16 22:05】 URL | val #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 scrap, e.t.c., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。