上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 カ デル ソロ ビッグ ハウス レッド[2003]/ ボニー ドゥーン
カ デル ソロ ビッグ ハウス レッド 2003


ワインのコルクに浪漫を求めるタイプの人は放っておいて、
正直、
ここだけの話、
ワインの栓を抜くのって、しち面倒くさくありません?

誰がなんと言おうと、私は面倒くさいです。
非力で技術のない私に、ワインのコルクなんて、抜けるわけがないじゃないか!(笑)

おまけにコルクのせいで、味が劣化したり、ワインにコルクのくずが落ちたり、
たまにコルクに虫くんが住んでいたり・・・と、
ハッキリ言うけど、ワインのコルクなんて、浪漫趣味以外の
何者でもない!ような気もするのです。

で。
もっぱら、ひとりで飲む時は、スクリューキャップのワインを
愛好している私です。

え?スクリューキャップのワイン?
清涼飲料水じゃあるまいし!
それ、安くて不味くて、ダサいんじゃない?

・・・なんてこと言う人、はい、手をあげて。(笑)

ちっちっち。
それは大きな誤解と言うものよ。
例えば、この「カ デル ソロ ビッグ ハウス レッド」
立派に、美味しいっすよ。

おまけに、2003年のラベル絵は、脱獄!がテーマなのだ。カッコいいぞ!
その上、このワインの首のところには、わざわざ生産者のおじさん
(かどうかは知らないけど。勝手に「おじさん」をイメージしている私)
が、「スクリューキャップの栓がどれほど素晴らしいか」
ということを解説したミニリーフレットが巻きつけてあったりしてお茶目。
英語だけど、すっごく気の利いた風刺調の内容で、ニヤリとしてしまいます。

このワインの生産者の愉快なサイトはこちら

この他、スクリューキャップの実力派として私が愛しているのは、「コノスル」のシリーズ。
コノスル ゲヴェルツトラミネール (白ワイン)
特に、ゲヴェルツは美味しいです。
騙された!と思って、このシリーズ、是非、一度、全部、飲んで欲しいにゃー(笑)。

あとは、キュムラスのシリーズ。
キュムラス・ローリング・カベルネ・メルロー 2004キュムラス・ローリング・カベルネ・メルロー 2004

ちなみに今、これを書きながら飲んでるのはキュムラスのROLLING 2003 Shiraz Cabernet.
旨いです。ひとりで1本飲んじゃいそうです(笑)
もちろん、これもスクリューキャップ。
おっと、ひとりで一度に全部飲まなくても、スクリューキャップなら
保管しておくのも簡単なのであった(^^)。

コルク栓のワインも、もちろん素晴らしい。
でも、それは、なんというか、「源氏物語」とか「ベルサイユのばら」
みたいなものになりつつあるんじゃないか?と思うんだよね。

今時、誰が、十二単を着て、髪をひきずるまで伸ばして、
年に一度しか洗髪しないようなスタイルに耐えられるのだろうか?(笑)
そういうのは、たまに、振り返るからこそ「素敵」に思えるのであって、
時代は、どんどん進化しているのだ・・・からして。

ユニクロやGAPやFCUKやベネトンの気軽なお洋服が好きな人なら、
ワインだって、気楽に、美味しく飲みましょう!

というわけで、今回はめずらしく、食べ物・飲み物レヴューでした♪
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 scrap, e.t.c., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。