上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの手作りおくりもの
ジュウドゥポゥム
ジュウドゥポゥム
売り上げランキング: 43406


これも図書館で借りてきた。
なんでもかんでもパリ崇拝主義ではないし、
欧米諸国に憧れ!ってわけでもないんだけど、
やっぱりいいねぇ、この色あい、この個性、このアイディア。

お金じゃないんだよねぇ。
センスとか。
個人(親である前に、人間である)の生き方とか、哲学とか。
そういうものを伝えることができるんだよね、あちらの人たちは。
で、「増やす」「買う」こと以外の、
精神の贅沢さ、豊かさ、っていうのが、もう、当然のように
備わっている、っていうか。

日本人は、というか、日本に蔓延しているような気がする
「何を買うか、何を得るか、何を貰うか」っていう、
まるでこじきみたいな思想が「今はスタンダード」に
なりつつあって、そういうのって、本当に美しくないし、
みすぼらしいし、情けない、と思うんだけど、
この「手作りおくりもの」を見てると、
「本当に大切なもの」がなんなのか、
見えてくるような気がするよ。
まるで「星の王子様」を読んだ時みたいにね。

最近、どーも、身の回りに、育児中の人、生んだばかりの人、
只今懐妊中の人、などがたくさんいるせいか、
ここでとりあげるものも、「そういう人にもアピールするもの」
になってるような気がする…(笑)

私は子供を持つつもりはないから、
せめて、こうして「面白そうな情報」を伝えることで、
彼ら、彼女らに協力したい、と思ってマス。

あと、私自身は「決して親の視点にはならない子供の味方としての叔母さん」
という立場になりたいと思ってます。
子供の視点ってわけでもなくて。自分がいつまで成長しない、という
ことでもなくて。
でも、子供の主張もわかってあげられる、そういう人になりたいなぁ。
沼田元気さんみたいなね。
スポンサーサイト




この本!ワタシ持っているけど、この本見るたびに、なんか作りたくなります。
この本に載ってるものを作るとかそういうのぢゃなくて、手作りしたくなると言う感じ。
こう十派一絡げにしちゃうと陳腐だけど、手作りって温かいよね。
相手が見えてて、気持ちの交換って感じがいいんだろうな。

気持ちがカバーするとまでは言わないけど、外見がすこぶる「美」でなくても、いいんだよね。
気負わずに、「とりあえず」からはじめらるきっかけになった思い出の本です。

そして、valちゃんの
===
「決して親の視点にはならない子供の味方としての叔母さん」 という立場になりたいと思ってます。
子供の視点ってわけでもなくて。自分がいつまで成長しない、ということでもなくて。
でも、子供の主張もわかってあげられる、そういう人になりたいなぁ。
===
っていうのも、いいなぁと思いました。
そういう大人が身近にいると、なんというかこう、時に子供もすごく救われるのではないかな?と…。
【2007/01/13 23:28】 URL | えみ #5qxE4XD2[ 編集]
えみちゃん>
うわー、持ってるんだー!
いいなぁ。
これ、ほんと素敵な本だよね。

贈る気持ちって、
ついつい「自分が贈りたいのよ!」という気持ちに支配されちゃうけど、
その前にちゃんと「贈りたい相手」のことを等身大に捉えて受け止める、
ということが大切なんだろうなぁ、って、これ読んで思いました。
その上で「何を贈るか」そしてその裏側にある「何を贈らないか」
という選択をすること。
そういう工程があってこそ、暖かく、ある人からある人への
「かけがえのない贈り物」になるんだろうなぁ、と(^^)

自分で子供を育てている人にとっては、
「valちゃん、そんなこと言っちゃっていい気なものね」と
言われても仕方のない私の目標を、肯定してくれて本当にありがとう。

もちろん、両親が子供を理解して受け止めてあげることは
前提としてあるんだけれど、時には、「親の立場」(というか、
理屈、とか、道徳、とか、哲学、とか)を前面に出さなくては
ならない時があると思うの。そうすべきだと思うし。

ただ、子供って、小さな時ほど「世界=家庭」「神=親」という
視点になってることが多いと思うから、そんな時にね、
すこし距離を置いた場所に「両親とは違う大人」みたいな
人がいることを知っている、というのは、ひとつの救いとして
ありなんじゃないかな?と思うんだよね(^^)
【2007/01/14 10:37】 URL | val #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 scrap, e.t.c., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。